スニーカーとハイホーム


日中は寒さがやわらいできましたね!

春が待ち遠しいです!



よくお悩みをお聞きする、スニーカーのソール部分の汚れ。

( BIO HOTEL JAPAN × MOONSTAR のスニーカーでご紹介していきます。)

アッパーが綺麗でも、

ここが汚いと一気に残念な印象に・・

消しゴムやメラミンスポンジなどの方法が紹介されていますが、

私はこのハイホームを使います。

ご存知の方も多いと思いますが、

天然の珪酸の華「湯の花」 と「純石けん」からできた自然派のクレンザーです。

昭和38年から変わらずのロングセラー。


実は私、名前は知っていても、この仕事を始めるまで使ったことがなかったんです。

初めてステンレスのシンクを磨いた時は、感動ものでした!

輝きはもちろん、水がスススーっと流れて行くんです。


マルチに使えるハイホームは、キッチン周りや浴室などで大活躍します。

油汚れや焦げ付き、水アカまで、本当に簡単に綺麗になります。



さて、スニーカーの話に戻ります。

使いかけでお見苦しいのですが、

ハイホームの中身は、こんな粘土状です。

( 水分がなくなると固くなりますが、お湯を混ぜて練ると元に戻ります。)


布を濡らして、ハイホームを少量布に付けます。

拭きとるような感覚で軽くソール部分をすべらせます。


▼ before

▲ after


汚れで見えにくくなっていたロゴもこの通り。

写真で見ると、私の靴はどれだけ汚れていたんだ・・と恥ずかしくなります。



側面やかかとなどの平らな部分の汚れは、

消しゴムやメラミンスポンジでも綺麗にできるのですが

トゥガード(つま先の部分)を綺麗にするのはとっても難しいですよね・・

このあみあみの凸凹になった部分ですね・・

ここでハイホームの本領発揮です。

水に濡らしたタワシにハイホームを少量とって擦れば

凸凹部分の汚れもしっかり落とします。

スポンジやタワシなどで使用すると、泡立つことも特徴の一つです。

スニーカーのアッパーやインソールを洗うときにも使えます!


磨き終わったあとに、汚れがついた布ですね・・

この汚れを洗うのが大変なんですよね・・

でも、私がハイホームを使う理由はここにもあります!

この布を、ちゃちゃっと水洗いします。

洗剤は必要なしです。

じゃん!

ほとんどの汚れが落ちています!

スポンジで使用した時も同じように綺麗になります。

この後処理が本当に楽なんですよー。


ハイホームには2つのサイズがあります。


ぜひお試しください!




B L O G

トライアングルマーケット

0コメント

  • 1000 / 1000