今治生まれの白いタオル

このまま贈り物にできそうなパッケージに入った

今治生まれの、まっしろなタオルが入荷しています。


このタオルを作っているのは、吉井タオルさん。

先に晒し染めた糸を織り上げる、先晒先染タオルの 産地今治にあって、先に晒した糸を織り上げ、糊を抜き、 染色プリントする、先晒後染タオルづくりの得意なメーカー として知られています。

もちろん、先に晒し染めた糸を織り上げるタオルづくりも 手がけていますし、まず生地として織り上げ、後に晒し染める タオルづくりも数多く手がけていますが、先晒後染めにて、 良質で本物と評価される、無地のカラータオルづくりに特に 力を注いでいます。

まっしろで、ふっかふかです。

思わず顔をうずめたくなってしまうタオル。




糸の根本をグリップした状態で織られるパイルの糸は、 洗濯し乾燥する毎に、少しずつよじれが強まりかたくなって いきます。

相対的に、撚りの強い糸を使用したタオル地はこのスピードが 速く、撚りの遅い糸を使用したタオル地はこのスピードが遅く なりますので、パイル糸に撚りの強い糸を使用したタオル生は 硬くなりやすく、撚りの甘い糸を使用したタオル生は硬く なりにくいと言われています。

( 当店で扱っているのは、撚りの甘いタイプです。)

また、綿糸や生地を晒した (精練漂白した)時点で、綿糸に含まれている油脂分と蝋質が 程よく残されているかどうかによって、生地が硬くなる スピードが左右されると言われています。

ですがスピードは 違えど、一般的なタオル生地は、洗濯し乾燥する毎にパイル糸のよじれが少しずつ強まりかたくなっていきます。

その時には、思い切って新しいものに取り替えてくださいね。



ふかふか感を長く楽しむために・・


・なるべく水の量が多い状態でお洗濯

ループとループがからまりよじれた状態で洗濯すすぎが されないため、パイル抜け・毛羽落ちを軽減する効果も あります。

節水型の洗濯機が普及していますので、ゆったりリラックスさせて洗濯とすすぎをすることに、 多少なりとも違和感を感じるお客様も多いと思いますが、数回に1回ぐらいの頻度で試されても、 効果があるとされています。

・干す時にパタパタ

脱水後のタオルを拡げ乾燥する前に、パイルが輪(ループ)になっている方向からタオルの端を 持って、パタパタと振って、パイルをほぐして干すと、 ループがよじれるのを軽減する効果があります。


0コメント

  • 1000 / 1000